「宮城の魅力発見!」活動企画 
~学生が創造する活力あふれる明るいみやぎ~

未来につなげたい宮城の魅力を
学生が探求・発信!

宮城大学 事業構想学群 地域資源マネジメント研究室

更新日:

みやぎ“アイスる”プロジェクト -MIYAGI Gelato-

宮城大学事業構想学群地域創生学類地域資源マネジメント研究室です。
普段は、地域資源を用いた持続可能な地域経営について学んでおります。
今回、宮城県150周年事業の一環として宮城県内の隠れた食資源を活用した、ジェラートづくりを行いましたので、
簡単にまとめさせていただきます。


みやぎ“アイスる”プロジェクトとは?

我々が着目した課題として、宮城県は食材が豊富すぎるがゆえに隠れた特産品に目がいかないのではないかというものです
仮説として、“ジェラート”を通して、隠れた食資源を多くの人に伝えることができるのではないかと考えました。
そこで、宮城県の自治体を調査することにより、新たな魅力の発見を目的として、活動してまいりました。
宮城県内の自治体を対象に、地域資源に関するアンケート調査を行い、その中から、学生が話し合いを行い、選定した5自治体(加美町・気仙沼市・山元町・美里町・大和町)にヒアリングを行い、材料の選定を行いました。

そして、最終的に試作に選ばれた食材は…

大和町のそば・気仙沼市のコーヒー

今後、この二つの味のジェラート販売に向けて生産者の方と打合せや製造元のGM7様と協議のもと動いてまいります!