「宮城の魅力発見!」活動企画 
~学生が創造する活力あふれる明るいみやぎ~

未来につなげたい宮城の魅力を
学生が探求・発信!

AKIU 女子会@大嶋研究室

更新日:

土産物開発、オンラインイベント、SNSマーケティングなど様々なアプローチで、秋保を盛り上げています!

 私たちは、宮城大学大嶋研究室の3年生、「AKIU女子会@大嶋研究室」です。
普段はデジタル経営について学んでいます。今回、宮城県制150周年記念事業「宮城の魅力発見!」において、3つの取り組みを行いました。

新たな土産物「AKIU琥珀糖」の開発

 秋保の新たな土産物として、秋保ワイナリーやアキウ舎のご協力を得て、インスタ映えして若者受けするような「AKIU琥珀糖」という商品の開発に取り組んでいます。
 8月には、仙台市内のホテルのパティシエの土屋様にご協力いただき、いちごシロップを使用した琥珀糖の作り方をご指導いただきました。そこでのアドバイスを受けて、砂糖を煮詰めるときの温度調節やフードドライヤーを用いた乾燥を実践した結果、味や香りが強く透明感のある琥珀糖を開発することに成功しました。
 現在は琥珀糖の見た目やパッケージ、販売方法について製造業者の方と話を進めており、商品化に向けて今後も活動を進めていきます。

オンライン交流会

 オンラインで秋保の魅力を伝える交流会を、NPO法人きっかけ食堂とのコラボで、9月11日に全国から沢山の参加者を得て開催することができました。
 仙台秋保醸造所 代表取締役の毛利親房様、アキウツーリズムファクトリー代表の千葉大貴様をゲストにお迎えし、秋保への想いや将来の展望を熱く語っていただきました。私たちゼミ生も、秋保のカフェを実際に訪れた気分になれるようなVlog風の動画を放映するなど工夫を凝らし、秋保の魅力を女子大生目線でお伝えすることができました。

SNSマーケティング

 Instagramを中心に、秋保のお出かけスポットや、土産物開発の進捗状況などを発信しています。
 投稿の1枚目に続きを見たくなるようなフレーズを入れることや、建物の外見ではなく料理の写真を投稿の1枚目にすることなどを心掛け、より多くの人に見ていただけるよう試行錯誤しながら取り組みました。結果として、Instagramは投稿を開始した7月1日からフォロワーが約200人増加し、保存数が400を超えた投稿や、投稿を見た人の数を表すリーチ数が16000を超えた投稿もありました。これらの効果を受け、今後も見やすさを重視した投稿を定期的に行うことで、さらにフォロワーを獲得し、秋保の情報をより多くの人に発信していきます。

 

 本日まで、これら3つの活動に取り組んでまいりましたが、私たちの活動は今後も続いていきます。
10月30日には、仙台市泉区で開催予定のイベントにて、秋保ワイナリーとコラボ出店でAKIU琥珀糖のお披露目を予定しています。